【レーシック情報チャンネル】豊富な知識と経験のある医師を選ぶ

レーシックの手術を行うのは、医師であり人間なので、どうしても多少なりの失敗を引き起こしてしまうことがあります。
しかしレーシックの手術を行った時の失敗の可能性は、通常の一般的な手術と同じで決して高いものではありません。 もしこれからレーシッククリニックを探そうと考えているのでしたら、簡単な気持ちで探してはいけません。
最も大切なことは医師の経験であり、口コミサイトなどで数々のレーシックに関する情報収集をするようにしましょう。
レーシックというのは、既に欧米におきましては10年以上の実績を誇る比較的有名な手術方法となっています。
日本国内でも多くの人が受けており、しかも国内での手術の失敗事例はこれまでに報告されていません。

 

レーシックの手術は当たり前のことですが、眼科の専門的な知識は必要となってきますが、それと同様にレーシックの手術でどれだけ実績を持っているかが重要なこととなります。
実績がともなっているクリニックの在籍をしている医師ほど、安心して手術を受けることが出来ることでしょう。



【レーシック情報チャンネル】豊富な知識と経験のある医師を選ぶブログ:09-9-2017

祖母が最初に倒れたのが一昨年の暮れで、
それからふた月とたたないうちに二度目、病名は脳梗塞だった。

医者からは二度目はないといわれていたが、
それでも親と見舞いに行った俺に向けて、
祖母はやつれた顔で微笑んでくれた。

倒れたのはパパ方の祖母で、
つまり俺のパパの母になるわけだが、
当のパパは少しだけ病室に顔を出すと、
すぐにまた廊下に置いてあるソファーに戻ってしまう。

母は少し呆れていたが、
俺にはパパの気持ちが良くわかった。

俺も本当は
ここには来たくなかったのだ。

祖母は大変元気な人で、
脳梗塞で倒れるまで、日々畑仕事に精を出していた。

お正月などに顔を出しに行くと、
こっちが困ってしまうくらいの笑顔を向けてくれる。

俺の中で、
祖母はずっとそういう人だった。

だからこそ、俺は嫌だった。
やせ細り、言葉を詰まらせ、家族の名前も思い出せない、
そんな祖母を見るのがなんだか申し訳なかった。

それではまるで病人じゃないか。
祖母は病人であってほしくなかったのだ。

俺は、
居心地の悪さを感じていた。

それを隠すために
俺はずっと微笑んでいようと決めた。
祖母になにも出来ない俺は、
それくらいしかできなかった。

祖母はそんな俺を見ていてくれたのだろう、
帰りがけに一言だけ
「笑顔が素敵な子になったね」
そう俺に言って笑った。

俺はただただ申し訳なくて、
やはり微笑むことしかできなかった。

祖母が亡くなった日の24時遅く、
パパは泣いていた。
いつも寡黙で何事にも動じないかのように見えたパパが、
大声で泣いていた。

それを俺は部屋で聞きながら
人が死ぬということの意味を知り、
そして家族というものを思った。