【レーシック情報チャンネル】レーシックで失明をしてしまう可能性

レーシックの治療において今現在利用されている技術というのは、まだ確立され始めてから歴史が浅いものとなります。
なので多くの人々がレーシックの手術に不安を抱えており、なかなか手術に踏み切ることが出来ない、という方が多くなっているのです。 仕方の無いことかもしれませんが、レーシックによって失敗をしてしまった例は過去にいくつかの例があります。
レーシックというのは失敗してしまうことも確かにあるので、手術前にメリットとリスクを頭に入れておくようにしましょう。
レーシックの手術で最悪の失明をしてしまうかもということですが、これはほぼあり得ないといえるでしょう。
もちろん、レーシックによって何が起こるか分からないという状況は、他の盲腸や骨折などといった一般的な手術と変わりは無いのです。

 

他の病気や疾患の手術でもリスクはあるのと同じでレーシックにもリスクはあります。
レーシックでの失明の可能性が、その他の手術と比較をして圧倒的に高いというワケでは無いのです。



【レーシック情報チャンネル】レーシックで失明をしてしまう可能性ブログ:14-12-2017

生身の人間ですから、
心も身体も元気な時もあれば、
すごく疲れていたり…と、誰にでも波があると思います。

そこで、すごく疲れているときでも、
減量のために
「体操をサボるわけにはいかない!」と
頑張りすぎてしまうという方も少なくないのでは?

でも、すごく疲れている状態だと、
自律神経や内分泌系の働きが鈍くなっていたり、
身体を作る成長ホルモンの分泌量も
だいぶ少なくなっているみたいなんです。

身体そのものが、オーバーヒート寸前なんですね!

ここで無理に体操をしてしまうと、
数日間にわたって、減量の成果を鈍くさせることもあるのです。
それは、身体にもっと負担を与えてしまうからです。

すごく疲れている時に体操しても、
いくら頑張っても、体脂肪の減り方が悪かったり、
身体が腫れて、逆に体重が増えたり…
これがふつかもみっかも続いたりすることがあったりします。

減量のためにと思って頑張ったのに、
こんなしっぺ返しは本当に嫌になりますよね。

やっぱり、身体が元気だから、脂肪を燃やす力が増すわけで、
身体そのものがオーバーヒート寸前では、
結果が見えているようなものです。

ですから、すごく疲れている時は、リラックスを基本に、
好きなDVDを見たり、栄養をタップリ摂るのはもちろんのこと、
ご褒美程度に少しだけおかしをつまんで、
早く寝ることが一番!

こういうときの薬は、
心にも身体にも、「潤いを与える」ことだと思うんですよね。

身体が元気になれば、痩せる力もアップするはずなんです!

ミーは、こういったこまめなケアが、
減量を早めることにつながる…と、思っています。

「身体を思いやる減量」で頑張りましょう!